相談厳禁!?新感覚リアルタイム協力型脱出ゲーム「マジックメイズ」

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn


4人のヒーローたちの装備品が盗まれた!
このままでは次の冒険に出かけることができません。
そこで4人のヒーローたちは、ショッピングモールで装備品を盗むことを思いつきました。
果たしてヒーローたちは装備品を盗み、ショッピングモールを抜け出すことができるでしょうか?

「マジックメイズ」は4人のヒーローを操作し、ショッピングモールから装備品を盗み出し、脱出させることが目的のリアルタイム協力型脱出ゲームです。
協力ゲームと聞くと、プレイヤー全員で相談しながら進めるゲームと思うかもしれませんが、「マジックメイズ」では会話禁止で時間制限のある新感覚の協力ゲームとなっているんです!

 

スポンサーリンク

 

 

ゲームの流れ

まずは遊ぶシナリオを決めよう!

「マジックメイズ」ではいくつかのシナリオが用意されています。
シナリオは後半にいくほど難易度が高くなっていて、攻略するのは至難の技です。
どのシナリオからチャレンジしても大丈夫ですが、まずは手始めにチュートリアルとしてシナリオ1から遊んでみましょう!

 

装備品を目指そう!

4人のヒーローは色分けされていて、それぞれ別々のところに装備品があります。

黄色:バーバリアン 紫:魔法使い 緑:エルフ オレンジ:ドワーフ

各色に対応したマスにヒーローを移動させる必要があり、4人全員がアイテムマスにいれば自動的に装備品を盗んだことになって、脱出フェイズに移行します。

ショッピングモールからの脱出

装備品を盗んだら〈盗み/脱出タイル〉を裏返します。

急いで出口に向かいましょう!
出口のマスも4人のヒーローの色に対応しているので、同じ色の出口から別々に脱出する必要があります。
脱出したヒーローコマをタイルの上に置いていき、全部のヒーローが制限時間内に脱出できればプレイヤーの勝利となります。

 

プレイヤーに課せられるとっておきの縛りプレイ!

「マジックメイズ」ではプレイヤーに対して3つの制限を与えています。
この制限が「マジックメイズ」の最大の特徴であり魅力となっているんです。
3つの制限、それは〈行動の制限〉〈会話の制限〉〈時間の制限〉です。

 

手番順はなし、ただしできることは1アクション!〈行動の制限〉

ゲーム開始時プレイヤーは1枚のアクションタイルを受け取ります。
アクションタイルにはアイコンが描かれていて、プレイヤーは描かれているアイコンのアクションしか行えません。
アイコンが「矢印」ならその方向にしか動かせないのです。
そのほか「探索」や「ワープ」「エスカレーター」など自分の役割をしっかり把握してゲームに挑みましょう!

 

協力ゲームなのに会話は禁止!〈会話の制限〉

ゲーム中、基本的に会話を禁止されています。
他にも指さしやジェスチャーもしてはいけません。
ではどうやって意思の疎通を図るのか?
許されているのは2つ。
〈相手の目を見つめる〉ことと〈気付いて!トークン〉を相手の前に置くことだけ!
この2つを上手く活用してコミュニケーションをとりましょう。

 

猶予はたったの3分だけ⁉︎〈時間の制限〉

ゲーム開始と同時に砂時計をひっくり返します。
砂時計の猶予は3分間。砂が落ちきってしまったらプレイヤーは即敗北となってしまいます。
あまりにも短い猶予ですが打開策が用意されています。
制限時間を延長する方法は次の項で紹介します。

 

「マジックメイズ」攻略のヒントはここにある!

想いよ届け「気付いて!トークン」

行動してほしいプレイヤーがいたらその人の前に「気付いて!トークン」を置きましょう。もしかしたら気付いてくれないかもしれませんが、唯一と言える気持ちを伝える方法ですから積極的に使いましょう。

 

砂時計が命綱!タイミングを見計らってひっくり返そう!

マップ上にある砂時計のマスにヒーローが移動したら砂時計をひっくり返して時間を延ばすことができます。
タイミングを間違うと制限時間が短くなってしまうので注意してくださいね。

 

会話ができる瞬間を有効に!

基本的に会話ができない本作ですが、砂時計をひっくり返すたびに、誰かが次のアクションをするまで会話をすることができます。
もちろんその間も砂は落ち続けるのでポイントを絞って話しましょう。

 

何度も遊びたくなる「マジックメイズ」の魅力

シナリオ難易度の種類の豊富さ

「マジックメイズ」では17本ものシナリオが用意されています。
ヒーローにもそれぞれ固有の能力があり、シナリオが進むにつれて難易度は高くなっていきます。
ぜひ高難易度のシナリオにチャレンジしてみてくださいね。

 

ゲームの背景とシステムのマッチングの妙

本作ではヒーローが盗みを働くというちょっと変わった設定ですが、会話禁止というルールと、静寂の中みんなで協力して盗みをするというスリリングな体験がゲームのフレーバーとマッチしていて、本当に盛り上がります。
ぜひ遊んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

ゲーム名 マジックメイズ(MAGIC MAZE)
作者
メーカー
人数       
時間
年齢

「マジックメイズ」が気になった人にオススメ!

モニャイの仮面

VRとボードゲームが融合した話題のゲーム。
プレイヤーの1人が専用のVRゴーグルを覗き、見えている風景を口頭で伝え、他のプレイヤーは聞いたものをマッピングしていく、まさに次世代の協力型ゲームです!

T.I.M.Eストーリーズ

謎解きやTRPG、脱出ゲームの要素がてんこ盛りの、こちらも新感覚の協力ゲーム。
物語の世界に浸れること間違いなしの話題作です!

【時空を超えて謎を解け!次世代型協力ゲーム「T.I.M.E ストーリーズ」】の記事を読む

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

投稿者: asobodo