フランス発!オシャレで楽しいあなただけの物語「ディクシット」

あなたが見ている景色で感じたこと、それはほかの人にはどう見えて、どう感じているでしょう?あなたと一緒でしょうか?それとも……。

そんな人それぞれが持つ感性をくすぐり、コミュニケーションゲームの楽しさを世界中に広めた「ディクシット」を紹介します!

 

スポンサーリンク

 

自由な発想で楽しむ「ディクシット」とは?

想像力をかきたてられる、美しく不思議なイラストが描かれたカード、84枚を使って遊びます。

 

ルールはとっても簡単!さっそく始めてみましょう!

まずはイラストカードを各プレイヤーに6枚ずつ配ります。
プレイヤーの1人が〈語り部〉となって、自分の手札から1枚を選んでそのイラストから連想されるテーマを発表し、カードを場に伏せて出します。
〈語り部〉以外のプレイヤーは、〈語り部〉が発表したテーマにもっとも合っていると思うカードを自分の手札から選び、場に伏せて出します。
全員のカードが集まったら、シャッフルして公開しましょう。
〈語り部〉以外のプレイヤーは公開されたカードの中から、〈語り部〉の出したカードがどれなのかを予想します。

全員の予想が終わったら、お楽しみの答え合わせです。
〈語り部〉のカードがどれか分かりましたか?
答え合わせが終わったら、カードを1枚補充して〈語り部〉を交代しましょう。
次はあなたの番です。
さあ、あなたのイマジネーションで「ディクシット」を思う存分楽しんでみてください!

 

インテリアにもなりそうな「ディクシット」は箱をあけるだけでもう楽しい!

箱をあけるとまず目に飛びこんでくるのが、メルヘンチックな得点ボードです。
次に可愛らしいウサギのコマを選びましょう。
ボードの上を、自分が得点するたびにそのかわいいウサギのコマが前進して、点数を教えてくれるのです。

そしてなにより目を惹くのが、84枚もの素敵なイラストカード!
このイラストカードは1枚1枚がとても魅力的で、どれも引きこまれるものばかり。
イラストを眺めてるだけでも幸せな気持ちになれちゃいます。

家族や友人との楽しいひとときを

さて、そんな見た目も楽しい「ディクシット」で面白いところは、〈語り部〉が発表したテーマが全員に当てられる、もしくは全員がハズしてしまった場合、得点が入らないことです。
つまり、簡単すぎても難しすぎてもダメ、というわけです。
なので少なくとも1人以上の人には伝わるようなテーマを考えなくてはなりません。
これにより、ぐっとゲーム性が高まり思いもよらない発想が飛び出してくるのです。
箱をあけてからゲームが終わったあとでも話が盛り上がる、大ヒットコミュニケーションゲーム「ディクシット」。
ぜひ気心知れた家族や友人と遊んでみてください。
今まで気づかなかった新たな発見がきっとあるはずです。

 

まだまだ広がる「ディクシット」の世界

折り紙つきの面白さを誇る「ディクシット」には、現在までに6作品ものシリーズが発売されています。それぞれのシリーズには「ディクシット」の基本セットと混ぜて遊べる84枚の新たなイラストカードが入っていますので、自分だけのオリジナルセットも作れます!
どれがいいか迷ってしまう人には、シリーズ3作目にあたる「ディクシット:オデッセイ」がおすすめ!単独シリーズとしてオデッセイだけでも遊べますし、箱の中に3セット分のカードがしまえるほか、最大で12人まで遊べるのが魅力です。

「ディクシット」いかがでしたか?簡単なルールで勝敗も気にならないボードゲームとして、とても楽しいです。ぜひ一度手にとって遊んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

ゲーム名 ディクシット(Dixit)
作者
メーカー
人数     
時間 30分
年齢

「ディクシット」にハマったらこちらもおすすめ!

「テレストレーション」

絵と言葉をつないでいく伝言ゲームです。ゲーム中、笑いが絶えない定番のコミュニケーションゲームとしておすすめ!

「ベストフレンドS」

1人が出題者となってお題カードを発表します。他のプレイヤーは、そのお題に対して出題者がもっとも喜びそうな答えを書いて提出するという、これまでにありそうでなかったコミュニケーションゲームの新定番。

投稿者: asobodo