ゾンビとの死闘をくぐり抜け、極寒の冬を生き残れ!「デッド・オブ・ウィンター」

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「ゾンビ」それは「生ける死体」として広く知られ、ハロウィンではもっとも人気の仮装の1つですよね。
元はコンゴで信仰されている神「ンザンビ」に由来します。これがコンゴ出身の奴隷たちによって中米・西インド諸島に伝わる過程で「ゾンビ」に変わっていきました。
現行のゾンビ像を決定づけたのは、ジョージ・A・ロメロ監督の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968年)です。
ここからゾンビの人気は世界に広まり、数えきれないほどの映画やドラマ、ゲームが生まれました。
デッド・オブ・ウィンター」もその1つ。
極寒の冬、ゾンビに支配された世界でプレイヤーは生存者となり、ゾンビとの生き残りをかけた究極のサバイバルホラーゲーム。
それが「デッド・オブ・ウィンター」です!

 

スポンサーリンク

 

ミッション1:「砦の使命」を完遂せよ!

ゲームの最終目的、それは「砦の使命」の完遂です。
「砦の使命」とは、ゲームに参加している全プレイヤーが協力して達成させる、全体の目的となります。

 

個性豊かなキャラクターは30人!

プレイヤーは「職能者」と呼ばれるキャラクターから2人選んで、自分の部隊の隊員にします。
選んだ隊員は「最後の砦」に配置し、そこを基点に6つの施設(警察や雑貨店)に移動して物資の探索や、徘徊しているゾンビを攻撃したりします。
プレイヤーは選んだ職能者の能力を駆使して、「砦の使命」完遂を目指しましょう!

 

ミッション2:敵はゾンビだけじゃない!?それぞれの「密命」

毎日発生する危機!食糧難にゴミ問題!

「砦の使命」を達成しようとするプレイヤーに立ちはだかる敵は、ゾンビばかりではありません。
毎ラウンド「危機カード」というカードがめくられ、強制的に危機が発覚し、そのラウンド中にクリアしないと厳しいペナルティーを課せられます。
砦内では人数分の食糧を供給し、ゴミの片づけもしなくてはなりません!

 

本当の敵は砦の中にいる!?

もっとも厄介なシロモノ、それが「密命カード」です。
「密命」とは「砦の使命」とは別に、個人の勝利条件が書かれた個別の目的です。
プレイヤーは「砦の使命」が達成されるまでに「密命」もクリアしていないと敗北してしまいます。
さらに、ゲーム開始時にはこの「密命カード」をプレイヤー人数×2枚用意し、そこに「裏切り者のカード」を1枚まぜて配っているのです!
裏切り者の勝利条件。それは「砦の使命を失敗させること」
よく見てください、彼は本当に我々の仲間でしょうか……?

 

ソレは突然訪れる!一発即死の悲劇!!

「砦の使命」を達成させるためには避けられないもの。
それはゾンビとの戦闘です。ゾンビを倒したプレイヤーは感染判定として、12面体の赤いダイスを1つ振らなければいけません。
このダイス、空白が6つ、負傷が3つ、凍傷が2つ。そして最後の1つ、歯型のマークが〈即死〉になっているのです。

この感染判定は、職能者の移動の際にも振らなければならず、いつ誰が赤いダイスの犠牲者になってもおかしくないのです。
これにより、予想だにしないドラマが生まれるのが、ゲームをするたびに違った物語が楽しめるデッド・オブ・ウィンターの魅力のひとつです。

 

ちょっとブレイク!人気職能者ランキングTOP5!!

30人いる職能者は、どれも魅力的で個性豊かなキャラクターばかり!
そんな職能者たちの人気ランキングを筆者が独断と偏見で選んでみました!

 

第⑤位 人命救助のプロ!イケメン消防士「ガブリエル・ディアス」

施設の探索で「よそ者」を見つけやすく、仲間を増やしてくれます。
仲間が増えれば、自分の手番でできることも多くなり、ゲームを有利に進められるでしょう。
ただし、ガブリエルが助けた「よそ者」にも食糧が必要なことをお忘れなく……。

 

第④位 愛すべきいじられキャラ。サンタ姿の宣伝員「フォレスト・プラム」

フォレストの悲しき能力。
それは、ゲームから除去することで砦の士気+1。
砦の士気は下がることはあっても、なかなか上がることはありません。その士気を唯一上げることのできる職能者、それがフォレストです。
ゲームから除去して士気+1。いや、それ嫌われてるだけ⁉︎

 

第③位 一見地味だが実はチートキャラ!司書「アレクシス・グレイ」

筆者イチ押しの強キャラです。
アレクシスの能力は図書館でカードを2枚引けるだけ、と地味に見えます。
ところが図書館で見つかる「本」は強力なものが多く、もう1人の職能者に「本」の装備を重ねることで、探索と攻撃の両方を特化させることができるのです!

 

第②位 日本人ならみんな大好き!忍者「マイク・チョウ」

名前・見た目ともに全く忍者を感じさせませんが、ゾンビ攻撃の際、感染判定しなくてもいいので、初期のパーティーにいると安心して戦えます。
ただし、ゲームも終盤になると、みんな強い武器を装備しているので、マイクの能力が特殊なものではなくなるのが悲しいところ。

 

第①位 犬は喜び庭かけ回る♩スタント犬「スパーキー」

感染判定で死亡しないうえに、攻撃・探索が強いので、とても使い勝手がいいです。
ただし、カード右上の「砦内の影響力」の数値が低いため、ゾンビがあふれたとき、真っ先に犠牲になってしまいます。
移動や攻撃で死ぬことがないので、どんどんお外に連れて行ってあげましょう!

 

以上、職能者の人気ランキングでした。
あくまで私見によるランキングですので、いろいろ使って自分だけのお気に入りキャラを探してみてくださいね。

 

デッド・オブ・ウィンターからロングナイトへ、あなたの戦いはまだ終わらない……

製薬会社の実験体や盗賊、新たな敵が続々登場!

「デッド・オブ・ウィンター:ロングナイト」は基本セットの独立拡張として発売されました。ロングナイトだけでも遊べますし、基本セットとまぜて遊ぶこともできます。
ロングナイトでは新たに「ラクソン製薬」と「盗賊のアジト」という施設が追加され、超強力な実験体や施設の物資を荒らす盗賊が登場して、よりハードなストーリー展開になります。
「デッド・オブ・ウィンター」の世界にハマったならば、マストバイな一作!

 

スポンサーリンク

 

ゲーム名 デッド・オブ・ウィンター(DEAD OF WINTER)
作者  
メーカー
人数    
時間
年齢

デッド・オブ・ウィンターが好きな方にオススメのゲーム

ルーム25

映画「キューブ」からインスパイアされたボードゲーム。
プレイヤーは「プリズナー」となって、5×5で構成された25個の部屋の中から脱出できる部屋を探します。しかし、「プリズナー」の中には「ガード」という脱出を阻む者がいて……。という『疑念』モードのほか、2つのモードが用意されています。

アンドールの伝説

RPGの世界をどっぷり堪能できる協力型ボードゲームの最高傑作。
このゲームは1章から順番に進めて、5章までのクリアを目指します。
難易度は極めて高く、やり応えは抜群です!

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

投稿者: asobodo