スパイマスターのヒントから味方のスパイを探し出せ! コミュニケーションゲームの新機軸「コードネーム」

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 

毎年ドイツで選定が行われ、ボードゲームの世界で最も権威があるとされる「2016年ドイツ年間ゲーム大賞」を受賞した、大人も楽しめるコミュニケーションゲーム「コードネーム」を紹介します!

Codenames | Spiel des Jahres e.V.

Einer ersten Partie Codenames folgt oft die zweite. Dann die dritte, die vierte. Das Spiel mit Assoziationen übt einen Sog aus, dem sich kaum jemand entziehen kann. Möglichst viele Wörter mit einem Begriff zu umschreiben, ohne auf Wörter der Konkurrenz hinzuweisen – diese wiederkehrende Aufgabe ist wie ein Rätsel, das man unbedingt lösen möchte.

・ドイツ年間ゲーム賞公式サイト「コードネーム」(ドイツ語)

 

スポンサーリンク

試されるのはワードセンスと、それを読み取る推理力!

「コードネーム」ってどんなゲーム?

コードネームは赤と青の2チームに分かれて戦うチーム戦です。
各陣営から一人ずつリーダーとなる【スパイマスター】を選出し、スパイマスターとスパイが向かい合うように座ります。
テーブル中央には、25枚のさまざまな単語【コードネーム】が書かれたカードを、5×5で並べます。

このコードネームがランダムに、赤と青に振り分けられます。
スパイマスターは、自分のチームのコードネームを味方に見つけてもらうようヒントを出すのですが、1つのワードだけでしかヒントが出せません。
味方のスパイは、スパイマスターのヒントを手がかりに、どのコードネームが自分たちのものなのか推理し答えます。
答え終わったら、相手チームに手番が移ります。
これを繰り返し、先に全てのコードネームを当てたチームの勝利となります。
これだけならあまりリスクがありませんが、25枚の中には回答権が移ってしまう〈一般人〉や、選ぶと即敗北する絶対に選んではいけない〈暗殺者〉が潜んでいるのです。

思いもよらない発想や連想に盛り上がること間違いなし!

このゲーム、単純に1枚ずつ当てていくと後攻が勝ってしまいます。
理由は簡単です。
先攻は9枚、後攻は8枚。先攻は当てる枚数が1枚多いのです!

なので、スパイマスターは「○○2枚」のように、1つのワードに複数の意味を込めて味方に伝えなくてはなりません。
しかもスパイマスターはゲーム中、ヒント以外話すことは禁じられています。
スパイたるものいかなるときもクールでなければなりません。
しかし、味方の相談は聞こえているので内心はドキドキです。
「ちゃんと伝わっているのか?」「深読みしすぎだよ!」などなど。
そのかわり、意味をくみ取り当ててもらったときは爽快の一言!
ゲームが終わったあとでも、あのヒントにはそんな意味があったのか⁉︎ など笑いは絶えません。
仲のいい人同士でやれば、知っているからこそ深読みしたり、初めての人同士でもその人の感じ方が見えてきたり、勝っても負けても楽しい。
それがこの「コードネーム」です!

何度でも遊びたくなるリプレイ性の高さ

遊べる人数の幅広さから、いろんな場所で遊びやすい「コードネーム」ですが、スパイマスターを交替したり、チームを入れ替えることでまた違った楽しみ方ができるのも魅力の1つです。
それに加えワードの多さ(裏表書かれたカードが実に200枚!)もくり返し遊べるように用意されています。
ぜひいろんな人と「コードネーム」で遊んでみてください。
きっと新たな発見があるはずですよ。

 

スポンサーリンク

 

ゲーム名 コードネーム(Codenames)
作者
メーカー
人数       
時間
年齢

「コードネーム」のアプリもおすすめ!

コードネームで遊ぶさい、スパイマスター用に無料アプリが配信されています。
先攻後攻や赤青の配置をランダムに決定してくれるので便利です。
そのほかに、タイマーをセットできたり、音声で案内してくれたり、姉妹作品の「コードネーム:ピクチャーズ」にも対応しているので、この機会にぜひ!

 

コードネームが気に入ったらこちらもおすすめ!

「コードネーム:ピクチャーズ」

名前の通りの姉妹作品。今度は文字ではなく、絵になりました。
どの絵も意味深で不思議なイラストに仕上がっていて、それらを眺めているだけでも楽しいです。もちろん「コードネーム」と混ぜても遊べます!

「ミステリウム」

1人が幽霊役、それ以外のプレイヤーは探偵となり、幽霊役から出されるヒントを頼りに事件の真相に迫る、完全協力型のボードゲームです。
幽霊役から提示されるヒントは幻視カードと呼ばれる不思議なイラスト。
このイラストから幽霊役の真意を読み取ります。雰囲気たっぷりのコンポーネントも目を引きますよ!

 

この記事をシェアしますか?
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

投稿者: asobodo